091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋へ

こんにちは、きょんです。
すももちゃん闘病日記の続きです。

前回の記事はコチラ



6月15日

すももちゃんの面会に行く。
先生の話では、インスリン投与の成果はあるが、腎不全になっていると言う。
もうオシッコを作ることができないらしい。
始終点滴を打ちっぱなし。もう、それが命の水なのだ。
横たわったまま、寝ているというよりウトウトしている様子。
私の顔を見て立ち上がろうとするが、体が言うことをきかない。
声も出なくて、「んー」というような声を出す。

何を言っているんだろう。
苦しい?辛い?
私はどうすればいいんだろう。
治療をやめて家で看取ったほうがいいのか。
僅かな可能性に賭けて治療を続けるべきなのか。

今、家に連れて帰れば、恐らく今日が最期だという。
すももちゃんは家にいたら、動けない体をムリに動かし
私の元に来ようとするだろう。
余計な体力は使わせたくない。
家にはあんずちゃんもいる。
あんずちゃんは、すももちゃんが苦しんでいる間、
ご飯を食べようとしなかった。
時々すももちゃんのおでこを舐め、心配している様子は明らか。
皆が心配するから、すももちゃんも立ち上がる。立てない。

もう少し・・・、もう少しだけ治療をお願いした。
私が逃げてるだけなのかもしれない。
あの日のすももちゃんの姿が目に焼きついている。

どれが一番、すももちゃんにとって幸せなんだろうか。
きっと、その答えは一生出ないと思う。
どの選択も間違ってはいない。
そう言い聞かせるしか出来なかった。

まだ、すももちゃんは頑張っているのに・・・。
涙ばかり出てくる自分が情けなくて。
眠りについても夜中に何度も目が覚めた。



6月16日

朝、病院から電話が鳴る。
まさか、夜中に一人で逝ってしまった?

違った。

もう意識は朦朧としているようだが、頑張っている・・・。
ならば今日は家に連れて帰ろうと思った。
午前中はどうしてもやらなきゃいけない仕事があったので、
午後の診療時間中に行くことを伝える。

午後3時。
病院からすももちゃんが急変したと連絡があった。
酸素吸入しているが危ない。
診療時間前だが構わないと言われたので、急いで病院へ。

一度心臓が止まったらしいが、持ちこたえてくれた。
私を待っていてくれた。

午後3時30分、すももちゃんは虹の橋を渡った。
病院内ではあるが、最期を看取ることができた。

すももちゃん、ありがとう。
よく頑張ったね。
もう何も辛い事なんてないよ、一緒に帰ろう。

20090616_1610.jpg

まるで眠っているかのようなすももちゃんの姿。
今にも起き上がってきそうです。
大好きだったおやつやオモチャをたくさん持って行きなさい。
冷たくなったすももちゃんの体を何度も撫でた。
亡骸であっても、この子が家にいるだけで、
顔を見ているだけで、穏やかな気持ちになれた。



6月17日

火葬当日。

眠っているような姿のすももちゃんに別れを告げた。
分骨用の小さなカプセルに歯と爪の骨を入れてもらう。
私か相方か、先に旅立った時に一緒に埋葬してもらおうと思って。

20090617_2313.jpg
49日まで家に置いて、その後に納骨に行きます。


不思議なことに、今が一番穏やかな気持ちでいられます。
すももちゃんを亡くしてしまった悲しみは癒えませんが、
正直、苦しんでるすももちゃんを見ている事が一番辛かった。
治って欲しい、生きて欲しい・・・。
そう思う反面、もう早く楽にしてあげたい。
そんな葛藤をしている時期が・・・。
どうして気付いてやれなかったのか・・・、
自分を責める事しかできなくて、涙ばかり流していた数日間。
すももちゃんの最期をむかえる時は、号泣してしまうかと思ってた。
でも泣かなかった。
すももちゃんはやっと苦しみから解放されたんだ。

きっと今頃は大好きなご飯とおやつをガッツリ食べてる事でしょう。
食いしん坊だったすももちゃんですから・・・。
今後、ふとした瞬間に淋しさが込み上げてくるんでしょうね。
いつもいる場所に姿はなくとも、残像が見える。

すももちゃん・・・。
いっぱい幸せをありがとう。
何も心配しないで、虹の国で待っていてね。



【前回の記事にコメントくださった方々へ】
3名のカギコメさん、千葉の猫好きさん、sorakujiraさん。
心温まるコメントをありがとうございました。
残念ながらすももちゃんは虹の橋へ行ってしまいましたが、
病気の早期発見の大切さをこの子が身をもって教えてくれました。
元気そうに見えて、実は数年前から体の中は蝕まれていたんだなぁ・・・。
皆さまの愛猫ちゃんの健やかな成長と、
ご自身、ご家族さまの健康を願っております。
sen_neko.gif

以下、賛否両論あると思いますので
構わずスルーしてくださって結構です。



「最後まで看取れないなら、動物を飼う資格はない」

人間の身勝手な都合で捨てられてしまう動物はたくさんいます。
私はそんな人には動物を飼って欲しくない。
動物を飼うことは、カワイイ時もあれば憎たらしい時もある。
病気もする、お金もかかる。
それでも彼らは私達にたくさんの幸せをくれるはず。
一度飼うと決めたなら、最期まで責任を持って面倒を見て欲しい。


では、「看取る」とはどういう事か。

死ぬ瞬間を一緒に過ごす・・・。
果たしてそれだけが看取るという事なのか。

私は運よく、すももの最期に立ち会えた。
でも、タイミングが悪ければ、息を引き取ってからの面会だったであろう。

先生に尋ねた事がある。
病院で治療を続けながら死んでしまうのと、
もう助からないからと家へ連れ戻して死ぬのを待つのと、
猫にとってはどちらが苦痛だと思われますか?と。

勿論、誰にも答えられる事ではないと思う。
動物は自分の意思を話す事ができないのだから。
それでも尋ねずにはいられなかった。
プロの意見を聞きたかったのだ。
苦痛のほどは分からないが、ただ言える事。


・病院で治療を続ける場合。

点滴で脱水症状の緩和と栄養を取れる。
言わば「命の水」であり、これを外せば1日持てば良いほうだ。
そして何かあればその都度に適した処置を行える。
ただ、それはもう「延命」でしかない。
日ごとに体力が落ち、意識朦朧となって心肺停止となるだろう。

獣医は人間の医者と違い、24時間体制ではない。
夜中に一人で亡くなっていく子もいる訳だ。
治る見込みがないならば治療を止め、
家族と一緒に最期を迎えるのも一つの手段。


・家に連れて帰る場合。

命の水である点滴を外すことは、後はもう死を待つだけとなる。
脱水症状のため、水のある場所へ行こうとするだろう。
吐血、痙攣が始まり、すぐに旅立てればよいが
長い時間、もがき苦しむ事もある。

ただ、最後を大好きな家族と過ごせる事が出来、
安心して旅立てるのではないか。



私達はすごく悩んだ。
すももに苦しい思いをさせたくない。
そして最期は一緒にいたい。病院で一人で淋しいかもしれない。
だけど、一生懸命に生きようとしているすももを見ていると、
命の水を外してはならないような気がした。
すももは生きたがっている。私達にはそう見えた。
例え延命でも、生きられる間は生きて欲しい。
そういう結論に達しました。

もしかしたら治療は苦痛だったかもしれません。
延命する事で、辛い時間を延ばしてしまったかもしれません。
相方と毎日話し合いました。
何度も泣きました。
でも、この結論に後悔はありません。

きっと同じ事で悩む飼い主さんもいらっしゃるでしょう。
しかし、この問いに正解はないのです。
ずっと一緒に過ごしてきた飼い主さんが出した結論なら、
動物だって納得してくれるはずです。
私はそう思いたい。

すももはこの先も私の中で生きています。
残されたあんずに、たくさんの愛情を注いで生きていきます。
すももの時の過ちを繰り返しては、失った意味がなくなってしまいます。

すももちゃん・・・。
いつか私が虹の国へ行った時、アナタの本音を聞かせてね。
また逢う日まで・・・、おやすみなさい。
sen_neko.gif
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

コメントの投稿

secret

top↑

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■コメントくださった皆さまへ■

温かいコメントをありがとうございます。
読みながら泣けてしまいました。
カギコメなので個別に返信できない無礼をお許しください。

皆さまに励まされ、病院や友人よりお悔やみのお花を頂き、
すももは幸せな猫生を送れたと思っています。

それから、あんずの事ですが・・・。
すももが入院している間、色々な所を探している素振りでしたが、
亡骸を見たときに全てを悟ったようです。
今では甘えん坊に磨きがかかり、ほぼ私の傍にくっついています。
近々、健康診断に連れて行く予定。
これからはあんずのケアに励みます。

ご心配をおかけしましてすみません。
本当にありがとうございました。

  • 2009.06.20
  • by http://kyon777kyon.blog65.fc2.com/ きょん
  • edit
  • top↑

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事一覧

  • スポンサーサイト
  • 虹の橋へ
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2009年06月18日 (木)
  • 22時00分27秒
by AlphaWolfy

コメントありがとう♪

きょんの巡回先♪(更新順)

★Twitter★

プロフィール

きょん

Author:きょん


生まれも育ちも埼玉県。
永遠の23歳(突っ込まないで)
猫と阪神タイガースが好物な
ヘタレギャンブラー。
いつまでも夢見る少女。



愛猫のあんずとすももの
お世話係に奔走中。
わがままなお嬢様に手を焼いてます。

サミタ登録は無料時代。
有料登録したのは調べてみたら
2006年4月から。
この頃はイベントや勲章などより、
ただ好きな時に好きな台を・・・。

廃人になったのは割と最近ww



2009/03/04 回胴神
2009/08/22 隠れ神(パチ勲100未満)
2009/08/25 弾球神&白神
2010/12/18 青 神
2011/04/17 黄 神
2011/08/06 緑 神
2011/10/10 隠れ赤神(パチ勲500未満)
2011/10/17 赤 神
2012/05/12 虹弾球神
2012/12/17 虹 神


とりあえず目標達成。

もうこの先は狙わない・・・。



基本的にインテ即貼り→放置ですが
たまにPCに張り付いてる事があるので
mm、あしも~お気軽にどうぞ♪





*゚。*。゚*-+*おねがい*+-*゚。*。゚*


当ブログ内で使われている
サミタ関連の画像の著作権については
開発元であるSammyNetworks社に
帰属します。

また、素材サイト様から
多くの素材をお借りして
ブログを執筆しております。
2次配布は禁止されておりますので
ご了承願います。
   

あんず(♀)


【1996.6.9生】wt_4.3kg
おしゃべり、甘えん坊。
すもも健在時はお姉さん風だったが
今は甘えっぱなし。
雷と子供が嫌い。


洋服着るのも大嫌いww

script*KT*

すもも(♀)


【1996.6.9生】wt_7.2kg(MAX)
食いしん坊、寝ぼすけ。
我が家の「癒し」担当。
糖尿から腎不全を患う。
2009.6.16 永眠(享年13歳)
この子の闘病記事はコチラから

。+☆+。 LINK 。+☆+。

カテゴリ

過去ログ

Plug-in bymaruafi

検索フォーム

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。